こんにちは。アプリソムリエの今井安紀です。
スギによる花粉症がつらーい季節、花粉症同志の皆さまいかがお過ごしでしょうか。
どうせ花粉症予報を見るなら研究に貢献できるアプリを使ってみませんか?
今回ご紹介するアプリ『アレルサーチ』は順天堂大学の眼科の花粉症研究のためのアプリです。
みんなで使ったらデータもたくさん集まって、花粉症を軽くする一助になるのではと思いました。

毎日の簡単チェックで花粉症度を判定。結果はデータとして使ってもらえます。

画像: 毎日の簡単チェックで花粉症度を判定。結果はデータとして使ってもらえます。

「順天堂大学医学部眼科講座による花粉症研究のため」に作られたというこのアプリ。毎日自覚症状や目の赤みの画像診断などを行うことでその日の花粉症の症状のレベルチェックができたり、生活の質のチェックができるんです。アンケートの内容はビッグデータとして活用されるということで研究の助けになるそう。
花粉の飛散量やその予測などの機能は毎日の花粉症レベルやQOLチェックと週1回の労働生産性チェックをクリアした後から使えます。

花粉症レベルチェックは目の赤みチェックから。QOLも含め判断。

画像1: 花粉症レベルチェックは目の赤みチェックから。QOLも含め判断。

最初に花粉症レベルチェックをしてみました。
まずは目の赤み度測定をします。指示にしたがってあっかんべーをしながら目をガイドの位置に合わせ、しっかりと下まぶたの赤い部分が映るように撮影します。
カメラボタンをタップすると5秒のカウントダウンがあり、その後撮影。あっかんべーをしながらシャッターは切れないですからね。
それにしてもこの撮影の図、あんまり人には見られたくない…!明るいけれどこっそりできる場所でやりましょう。
この写真だけで赤み度判定が出るわけではありません。続いてアンケートに答えましょう。

画像2: 花粉症レベルチェックは目の赤みチェックから。QOLも含め判断。

「花粉症レベルチェック」のアンケートに答えていきます。「鼻水の具合」といった直接的な症状に加え「ストレスレベル」「今日行った予防策」なども聞かれます。
回答は「はい/いいえ」や数値で示したりなどの選択方式なのでサクサクできちゃいます。

画像3: 花粉症レベルチェックは目の赤みチェックから。QOLも含め判断。

続いてトップ画面から「QOL度チェック」をタップして生活の質に関するアンケートにも答えていきましょう。
こちらもゲージをずらしていくだけなので簡単です。実は最近頭がぼやっとするなと思っていたのですがアンケートに「精神集中不良」や「思考力の低下」といった項目もあってびっくり。これも花粉症のせいだった疑惑があるのかと思うと納得がいきました。「睡眠不足」や「人の目が気になる」などの項目もあり、該当する方がいるということは花粉症ってあらゆる形で生活の質を下げているのだなと思ってしまいました。

画像4: 花粉症レベルチェックは目の赤みチェックから。QOLも含め判断。

こんな顔のアイコンで答える質問も登場。最近1〜2週間のわたし、ずーっと花粉症の副作用や症状のせいでモヤモヤしていたので3を選択。いいペースでレビューを書いたり勉強したりしていて結果だけ見たら順調そうなのになんなんでしょうこれ(全てスギ花粉のせいだ!)。
というわけでレベルチェックとQOL診断の両方が終了した時点で「あなたの花粉症レベルチェックレポート」の結果が出ました。
結果は38なので比較的軽い方。まだマシな方みたいです。いやそれでも辛いです…。同時に50超えてくる時期が怖いです。

週一の労働生産性チェックも忘れずに。

画像1: 週一の労働生産性チェックも忘れずに。

週に1回、「労働生産性チェック」にも答えましょう。こちらは「あなたの花粉症と労働生産性に関するアンケート」ということです。こちらも先ほどの「花粉症レベルチェック」や「QOLチェック」同様簡単に答えられるようになっています。

画像2: 週一の労働生産性チェックも忘れずに。

現在の仕事の有無、働いた時間などのアンケートに答えると「労働生産性チェックレポート」が出されます。
私は勉強が主の立場ではないので労働生産性と日常生活生産性の部分が表示されていますが、おそらく学生さんの場合は勉学にまつわる方のパー選定時が表示されると思われます。
私の結果、生産性下がりまくっていてちょっと笑えない…。薬飲んでも眠くなるしどうしようもないのですけれどね。

今日の花粉の量はどれくらい?各地のアンケート回答者のレベルも見られます。

画像1: 今日の花粉の量はどれくらい?各地のアンケート回答者のレベルも見られます。

全てのアンケートやチェックに答えると全ての機能が使えるようになります。
画面下中央の木のアイコンをタップすると今日の花粉情報を見ることができます。日付はどうやらバグのよう…あと最近花粉の量ですが、他の情報元では多めに出ているのでもしかしたらこの画面自体機能していない疑惑あります。
今後のアップデートで直りますように。

画像2: 今日の花粉の量はどれくらい?各地のアンケート回答者のレベルも見られます。

日本地図のアイコンをタップすると回答者の位置情報からどこにどれくらいの花粉症の酷さの人たちがいるかを見ることができます。
東京都内は意外とまだ軽症の方が多そうです。
大阪に飛んでみたところこっちではひどい方もいました。出張などがある方は移動の前に行き先にいる人たちのリアルな症状レベルをチェックして、対策の参考にしても良いですね。

チェックをすることで自分の症状を客観視できて、さらに大学にデータが集まれば研究の精度も上がる、ということで一石二鳥。
花粉症仲間のみなさん、1日数分で研究に協力できるので是非利用してみてはいかがでしょうか。

アレルサーチ

iOS

This article is a sponsored article by
''.