こんにちは。アプリソムリエの今井安紀です。
ハイテクアプリもいいけれどたまにはこんな懐かし系アプリはいかが?
昔のドット絵風Twitterクライアントアプリ『8bitter』をご紹介いたします。

8ビットゲーム風が懐かしくて新鮮!

画像: 8ビットゲーム風が懐かしくて新鮮!

Twitterクライアントいろいろありますが、ちょっと面白いものを見つけてしまいました。
この『8bitter』というアプリ、見た目が昔のゲームみたい!自分のホームタイムラインしか見られないので難しい使い方はできませんが、この見た目が懐かしくていい感じです。
アイコンもちょっと荒くなって表示されていますね。

使い始めは……旅のきろく?

画像1: 使い始めは……旅のきろく?

アプリの使い始めはこのような画面が出ます。
「旅のきろく?どういうこと?」と思ってタップしてみるとTwitterアカウントの連携をする画面になりました。

画像2: 使い始めは……旅のきろく?

連携が完了すると「ホームタイムラインの冒険」とさらに出てきました。
これは某昔のゲームを意識した始まりなのですかね……?
ここで「はじめる」をタップすると新しいタイムラインのツイートの取得に入ります。

不便?でも動きがゲームぽくて面白い!

画像1: 不便?でも動きがゲームぽくて面白い!

タイムラインの読み込みが完了すると、このようにツイートが1画面に1つずつ表示されます。リプライやリツイート、ファボも一応できるようです。
「つぎのひと」をタップすると次のツイートの画面に移り、戻ることは再度読み込みする以外ではできない模様です。

画像2: 不便?でも動きがゲームぽくて面白い!

長いツイートだとよくわかるのですが、ツイートの表示は一気にされるのではなく文字が入力されていくように順々に表示されていきます。音も一文字一文字表示されるごとに「ピピピピ」って出て、この感じもまるで昔の8ビットゲームみたい!
リアルタイムで遊んでいた方にとってはたまらないのではないでしょうか。

画像3: 不便?でも動きがゲームぽくて面白い!

全文表示されて「ん?見辛い……?」という時には右下の「そのた」をタップしてみましょう。
そうすると「くわしく」と出るのでそこをタップするとブラウザにジャンプしてWeb版のTwitterでそのツイートを見ることができます。
見づらくて結局Twitterにジャンプするって本末転倒……?いえいえこれは8ビットゲーム風の見た目を楽しむアプリですから!
新しいツイートの再取得もここから可能です。

画像4: 不便?でも動きがゲームぽくて面白い!

画像や記事のリンクなどはツイートに表示されているリンクをそのままタップすることで表示されます。画像もTwitterの公式のクライアントとは違いそのまま表示してくれないんです。これまた不便ですが無駄に画像を開かないという意味ではもしかしたらデータ量節約になるかも……?

8ビットキーボードも付いてくるんです!

画像: 8ビットキーボードも付いてくるんです!

この『8bitter』、単に8ビットゲーム風Twitterクライアントなだけではなく、なんとキーボードもついてくるんです。
iPhoneの「設定」のキーボードの設定で『8bitter』を追加すると右のような8ビットキーボードが使えるようになります。こちらのキーボードは他のアプリでも使用できるので、これが使いたい!という理由でアプリをインストールするのもいいと思います。
ツイートしたい内容を漢字に変換するのは通常のキーボードでないとできない模様なので、併用してみてはいかがでしょうか。

懐かしくてオシャレな見た目の『8bitter』、Twitterクライアントそしてキーボードもあわせて使ってみてくださいね。

8bitter

iOS

This article is a sponsored article by
''.