恐竜博2016が開催し、
公開記念の特別トークショーが続いています。
次回は、2016年3月18日に講演会があるので紹介します。


アルバータ大学古脊椎動物学部上級技術者の、
クライヴ・コイ(Clive Coy)さんが講演してくださいます!


この講演会はこれまでのより参加できる人数が少なく、
70名限定なので、参加したい方は早めに行くとよいでしょう。
(恐竜博2016のチケットもしくは半券忘れずに!)


なぜクライヴ・コイさんが講演してくれるのかといいますと、
「恐竜博2016」では、化石クリーニング実演コーナーがあり、
岩石から化石を取り出す「プレパレーション」作業が見学できるコーナーがあります。


クライヴ・コイさんが2014年に発見した標本
アルバータ州で見つかった白亜紀の小型獣脚類
「サウロルニトレテウス」。
それを、クライヴ・コイさんがクリーニング実演してくれているのです。

画像: クライヴさんの実演。プレスデーだからできる撮影ですが接写はNGでした。

クライヴさんの実演。プレスデーだからできる撮影ですが接写はNGでした。


普段見ることのできない専門家の技を間近で‥
講演会もですが、実演コーナーも要チェックです!
(実演コーナーは撮影禁止なので、よく目にやきつけましょう。)

クライヴさんコメント

「サウロルニトレステスはひとつひとつの骨が小さくてもろいため、
虫歯を削る歯医者の要領で骨を岩から注意深くはがしていく。
ふやけたビスケットを、
コンクリートのかたまりから傷つけずに取り出すところを想像してみてほしい。
この仕事は、7500万年の間も地中に眠っていた骨の全体像を目にする最初の人間となる特権はあるが、
同時に、その標本を最善の状態で保存する大きな責任も負う。
日々何げなく行う作業が未来永劫にわたってその標本の研究価値を決定することにもなるのだから。」


実演スケジュール情報

実演日:3月8日(火)〜4月3日(日)、6月2日(木)〜6月12日(日)
休演日:3月14日(月)および火曜日、水曜日
※3月8日(火)は実演 実演時間:9:00〜17:00
※12:00〜13:00は休演
※実演時間や休演日は変更になる可能性があります。


休館日を除く4月4日〜6月1日は、北海道大学の学生さんたちが、
北海道・むかわ町穂別博物館の化石クリーニング実演を行います。


何回か行って、クライヴ・コイさんのと北海道大学の学生さんらの、
化石クリーニングを見比べてみるのもひとつの楽しみですよ!


恐竜博2016
【開催期間】3月8日〜6月12日
詳しくはHPへ。


http://dino2016.jp/

画像: 女優の大先輩と、生田晴香

女優の大先輩と、生田晴香

またもや恐竜博2016紹介コラムになりましたが、
面白すぎて紹介せずにはいられない状態な生田晴香なのでした。

This article is a sponsored article by
''.