兵庫の丹波といえば
「丹波竜(たんばりゅう)」!

画像: 建物から出てきた丹波竜に驚く生田晴香

建物から出てきた丹波竜に驚く生田晴香

2006年8月7日〜、兵庫県丹波市山南上滝の篠山川河床の篠山層群で、
化石愛好家の男性2人(村上茂さんと足立冽さん)によって恐竜の骨格化石が発見され、
「丹波竜」というニックネームが付けられ、有名になりました。

「丹波竜」は全長約15メートル、中生代〜白亜記前期時代の植物食恐竜で、ティタノサウルス形類という竜脚類の恐竜です。

‥と説明しても、恐竜に詳しくない方からしてみればなんだそれ問題なので、簡単に説明します。

見た目の特徴は、体のわりに首としっぽがとても長いです。
口のはばが広く、頭のてっぺんにある頭の骨にあいた大きな鼻の穴が特徴です。
美しいうえにとてつもない小顔ですね。羨ましい。
丹波市は「丹波竜」で商標登録出願し、登録まで済ませています。

マスコットキャラクター

画像: ちーたんと生田晴香

ちーたんと生田晴香

丹波竜のマスコットキャラクター、「ちーたん」。

頭には命の芽生えを象徴する双葉。
体のしましまは地層をあらわしていて、化石のアップリケを付けています。

歴史を感じられるうえに、明らかに可愛いです。
生田晴香的には、ゆるキャラの中でトップレベルなのではないかと思います。

ちーたんの館

画像: にょきっと、出てきてます

にょきっと、出てきてます

「丹波竜化石工房ちーたんの館」

画像: ちーたんの館

丹波竜のクリーニング作業を見学できる施設で、丹波竜の資料なども多数展示されています。

画像: おおきい絵本です

おおきい絵本です

恐竜・古生物本、恐竜漫画もかなり揃っているのでオススメです。

タンバティタニス・アミキティエ

画像: 丹波竜の軌跡パンフレット

丹波竜の軌跡パンフレット

2014年、ついに丹波竜正式に学名が付けられました。
国内では5番目に恐竜の学名が付けられた恐竜ということになります。

その名も、「タンバティタニス・アミキティエ」!

「タンバ」は、丹波市内にあったことにちなんで。

「ティタニス」は、女性の巨人の意味です。が、ホロタイプがメスというわけではありません。

「アミキティエ」は、友情という意味を属格(所有格)にしたものです。

合わせて直訳しますと、「友情の丹波女巨人」です。

画像1: タンバティタニス・アミキティエ

「丹波竜とはどんな恐竜か-明らかになった恐竜学における位置づけ-」
という、学名発表会があったので丹波まで行き、参加してきたのですが、
ちーたんの館が楽しかったのと、ちーたんグッズが多く可愛くて買いすぎたのを覚えています。

画像2: タンバティタニス・アミキティエ

皆様も、まだ行ったことない方は特に、行ってみてはいかがでしょうか。
ちーたんの虜になること間違いないですよ。

画像: ちーたんの館での生田晴香が買ったお土産

ちーたんの館での生田晴香が買ったお土産

そして篠山層群よりたまご化石発掘と、まだまだ恐竜情報見逃せませんね!

This article is a sponsored article by
''.