画像: 基本情報

恐竜とは?

そもそも恐竜とは何なのか、どんな生き物なのか。
生田晴香的に恐竜を説明しますと、恐竜とは‥

この世で誕生してきた生物の中で、どの角度から見ても一番美しいと思われる生き物。セクシーさと萌えを究極に極めた美の頂点。
美しさは世界を救います。
ということは世界の救世主!!

‥えっ?!
はい、思いっきり個人的すぎる説明だと自分でも理解しているのでやり直します。

恐竜とは

今から約2億3000万年前(三畳記の中頃)、それまでの爬虫類のグループから地球上に新しく出現。
約6600万年前(白亜記後期)、
つまり中生代(古い時代から三畳記、ジュラ記、白亜記)、地上で大いに栄えた生き物。
約1億6000万年間!
恐竜類は、長い時間をかけて進化し、繁栄していき、最後は鳥類型恐竜以外絶滅するわけです。
(一応わかってるかとは思いますが、寿命が1億6000万年というわけではありません。)

鳥類型恐竜とは?

鳥類の事ですが、ここでなぜ鳥類が出てきたのかといいますと、鳥類の祖先が恐竜だからなのですが、その話はまた追々。
恐竜歴の長さ‥
我々人類の大先輩ですね。
人類もいつ絶滅するのか、しないのか。
一昨年、福井県立恐竜博物館に通ってた時に、もし人類が絶滅するとしたら、原因は戦争やらなにやらで人類が人類のせいで絶滅してしまうのではないかと教えられました。
深いですね。

恐竜と他の爬虫類との違い。

ワニなど他の爬虫類は、あしは胴体からほぼ横に突き出ています。なので、そのあしでふんばるようにして体重をささえています。
一方恐竜は、骨盤(腰の骨のくぼみ)に穴があいていて、あしの骨の出っ張りがくぼみにはまることにより、あしは胴体の真下に向かってまっすぐのびています。
そのことから、恐竜は大型化できたのではないかと思われています。

恐竜は2つのグループにわかれる。

恐竜は骨盤の特徴から、竜盤類と鳥盤類の2つになかまわけされます。
竜盤類の特徴は、骨盤の骨のうち、恥骨が前を向いているのに対し、
鳥盤類の特徴は、恥骨は座骨と平行に並びます。

そこからさらに!
竜盤類は、獣脚類(ティラノサウルスなど)、竜脚形類(アパトサウルスなど)にグループ分けしていき、
鳥盤類は装盾類(ステゴサウルスなど)、鳥脚類(マイアサウラなど)、周飾頭類(パキケファロサウルスなど)にグループ分けしていきます。

それぞれ種類、形がありますが、共通しているのは、「ただただ美しい」です。

This article is a sponsored article by
''.