画像: 出典: https://www.facebook.com/JenniferLawrence

出典:https://www.facebook.com/JenniferLawrence

汚れ役も辞さない天使

ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence, 1990年8月15日 - )は、「ハンガーゲーム」シリーズや、「世界でひとつのプレイブック」で大ブレイクした、トップ女優だ。

どちらかというとファニーフェイスで、日本人好みというよりは、白人の中での人気の方が高いタイプのように思う。

しかし、彼女の凄みは、過酷な世界にひたむきに生きる可憐なヒロインや、誰もが憧れるラブストーリーの恋人役を演じるだけでなく、「アメリカン・ハッスル」の中の、夫の浮気を直視できない、ちょっと精神不安定のうらぶれた女性役のような汚れ役も辞さず、しかもがっつり本気で取り組むところだ。

世界をリードする一流女優

アクションもこなせて、「X-MEN」シリーズのような娯楽作品でも存在感を示せる。単なる外見にのみ頼るわけでもないが、見た目の良さも演技力のうちであると理解している頭の良さ。

それらすべてがジェニファー・ローレンスの魅力だろう。

しかも、彼女はさまざまな映画祭やパーティーでの粗相?でも知られており、飲み過ぎてあられもない姿を披露するなど、けっこう隙が多い。そうした欠点もまた、アクセントとしてとらえられており、好感度が下がる気配もない。

Singlesでは、理想的な自立した女性の例として、アンジェリーナ・ジョリーを挙げているが、ジェニファーもまた、そうしたロールモデルの一人と言えるだろう。

2015年には、日本国内でも、ジェニファー主演の「ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス」が6月から、「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」が2015年冬から全国公開される。

今後、日本においても、彼女の魅力が認知されてくるのは時間の問題だろう!

This article is a sponsored article by
''.