こんにちは!

普段から差し入れなどをもらうことが多いこのお仕事ですが、今回はそんな中でもらって嬉しかった手土産を紹介します。
皆さん、手土産ってものすごく悩みませんか?人の家にお邪魔する際は必須ですよね。
でも、何をもっていっていいかわからない・人とかぶりたくない・・なんてことはありませんか?

まず、手土産を持っていくときの注意

1.送る相手の嫌いなもの・好きなものの把握。その人が苦手なものを差し上げても仕方がないですよね・・・。

2.人数が多い時は極力、生ものは避ける。ケーキなどの人気者はかぶってしまう可能性大。また、他の方も生ものだと冷蔵庫に入りきらない可能性も・・・。また、できれば賞味期限がより長いものを選びましょう。

3.ホームパーティーや持ち寄りの際はどんな会なのか把握しましょう。基本的に手土産は相手に送るものですが、送り主さんによってはみんなで楽しみましょうと手土産を振舞ってくだる方もいます。その時に洋食の会に日本酒をもっていくのは少し違いますよね。簡単にどんなスタイルなのか聞いてみましょう。

食事が出る際の御呼ばれには、直接なにか持ってきてほしいものがないか聞くのもいいと思います。もしかしたら手作りのケーキを作っているのにケーキをもっていくのは失礼でしょ?

「当日、なにかもっていきたいんだけど何がいいかな?」とか
「おすすめのケーキを持っていきたいんだけどいいかな?」とか、あくまでさりげなくスマートにリサーチしましょう。

では、ここからは私がもらって嬉しかった和の手土産のご紹介。

和の手土産は意外と人とかぶりにくくておすすめ!!

1.絶対に喜ばれる享楽堂の「ひとつぶのマスカット」 マスカットがさわやかでさっぱりしていて美味しい。

期間限定の商品ですが、男女問わず大人気な手土産です。また、一口サイズなのでパクパク手で食べれちゃうのも嬉しいですよね。もらった側としてはお皿やフォークを使わないと洗い物が減って嬉しいのです。ちなみに常温で9日間持ちます。

マスカットがひと粒丸々入った贅沢なお餅のお菓子。

画像1: 出典: www.kyorakudo.co.jp

出典:www.kyorakudo.co.jp

画像2: 出典: www.kyorakudo.co.jp

出典:www.kyorakudo.co.jp

以前、お付き合いしていた商社に勤める彼から教えてもらったもの。
上司からお得意様に行くときは必ず持っていくように言われていた彼てきに絶対にはずさない一品のよう。

2.見た目がモダンな銀座HIGASHIYAの「果子」

画像: 出典: www.higashiya.com

出典:www.higashiya.com

画像1: 出典: tabelog.com

出典:tabelog.com

おすすめは期間限定の苺餅。

画像2: 出典: tabelog.com

出典:tabelog.com

手土産ように木箱にも入れてもらえます。餅がもっちもちであんこもとっても上品な甘さ。
少し小さ目のサイズが女性心をつかみます。その他にも鶯餅や豆大福なども・・・いろいろな種類を詰めてもっていくと見た目も華やか。

このいちご大福、いつもお世話になっているうちの先生のもとでいただきました。
お土産はじゃんけんをして勝った人からとっていくのがうちのシステム!
やっぱり師匠を差し置いて一番美味しそうなものは・・・・・と残すように心がけています。

しかし、とっても美味しそうないちご大福の見た目にこの時ばかりは本気のじゃんけんで師匠を差し置いて一番に取りました!!!!後悔はしていません!!!

3.今、女性に大注目のOHASHIの「日本茶」

画像3: 出典: tabelog.com

出典:tabelog.com

紅茶はもちろんのこと日本茶から葛湯まで置いてある、お茶専門店のOHASHIはお茶の美味しさもさることながら、ヨーロピアンな店内もギフトボックスもかわいい!

画像4: 出典: tabelog.com

出典:tabelog.com

かわいいパッケージに物珍しもありますが、お茶はあっても決して困るものでもありませんし、かなり日持ちします。
紅茶やコーヒーに比べて日本茶や葛湯にこだわりを持っている人は少ないのでは・・・・消耗品なだけに喜ばれること間違いなし!
我が家ではいただいた箱をイヤリング入れとして活用中!!
二段活用は送った側としても嬉しいですよね!

4.ワインに合うおしゃれ和菓子。「ドライフルーツの羊羹」

画像: 出典: wagashi-asobi.com

出典:wagashi-asobi.com

パンにあう和菓子として作られたらしいこのお菓子。
無花果・いちご・胡桃のドライフルーツが贅沢にごろっと入っていて、いろんな表情を見せる断面に切るのも楽しくなります。ラム酒が効いた夜のデザート。

以前は厚く切ってお酒とちびちび・そしてパクパク・・・気づいたらなくなっていました・・・が、次はホームページに載っているようにバケットとチーズで食べたい。羊羹が木箱に入っていて空けるときのワクワク感はたまりません。

5.定番のねんりん家からできた和のねんりん家・和菓子の芽「琥珀ざら芽のストレートバーム柚子風味」

琥珀ざら芽のストレートバーム<ゆず風味>

出典:www.nenrinya.jp

きっと皆さんが大好きなバームクーヘンの人気店「ねんりん家」の和風バージョンのお店「和菓子の芽」から柚子風味のバームクーヘン。
卵とバターのまろやかな味が柚子のさわやかな風味によくあいます。
周りに散りばめられたカリカリ食感のザラメもアクセントになっていて子供から大人までに愛される一品です。もちろん焼き菓子なので多少の日持ちもします。
売っている場所が少ないのが難点。

ただ、これだけ有名なねんりんやから和のバームクーヘンが出ていることを知っている人は少ないのでは・・・話の話題になること間違いなし!!
私の帰省土産はもっぱらこれ。
大体バームクーヘン好きの兄に大半を食べられます。

6.和×チーズケーキのコラボ。京はやしや「はんなりチーズケーキ」

画像: 出典: amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

ふんわり食感の抹茶クラム・抹茶チーズムース・チーズスフレ・抹茶スポンジの四層とこだわり抜いた抹茶からなる贅沢で手間のかかったほわほわチーズケーキ。

チーズケーキって意外と男性受けが良し。甘すぎず、抹茶がほろ苦いのでとっても食べやすいですよ。お酒にもあう少し大人なスイーツです。


いかがでしたか?是非、手土産に迷った際の参考にしてみてください!!

近いうちに「和の手土産 番外編」も行いますのでそちらも是非ご覧ください。今回は贈る相手を選ばない和の手土産でしたが、次の番外編ではご飯もの・酒もの・つまみもののご紹介。

というか、お酒好きの集まりに持っていきたい和の手土産というところですかね。

This article is a sponsored article by
''.